予防と治療

一歩ずつ改善に向かおう

誰しも、脱毛症になんてなりたくないもの。特に男性にとってはかなり一般的にあらわれる症状ですので、今はそれほど問題はないという人でも、将来はどうなるかわかりません。脱毛症のなかでもAGAは、男性ホルモンや遺伝が深く関わってくるものですので、避けて通ることはできないでしょう。しっかり向き合い、予防やAGA治療を行うことが大切です。

予防と治療は、どちらも大切なものですが、AGAにおいてはアプローチが異なります。
AGA治療をするとなると、病院へ行くかサロンへ行くかといった話題があります。どちらを利用した方がオトクか、治療がしっかりできるかといった問題ですが、結論からいうと育毛サロンでは「治療」はできません。医療従事者がいないために「サロン」と名乗っているので、治療行為ができないのです。そのため、すでにAGAが進行して治療をしたいというのであれば、きちんとした病院、できれば専門病院を受診するのがいいでしょう。

では育毛サロンはどういうときに利用できるのかというと、予防のためには最適です。頭皮の環境をしっかり整え、脱毛症が起きにくいようにしてくれるため、軽度の脱毛症であればそこで食い止めることも可能です。ただ、治療行為ではないため、その効果が確実なものだとは保証できないことに留意しておきましょう。
予防のためには、市販の育毛剤を使ったり、髪によいといわれているシャンプーを使用したりなども効果的です。育毛剤は頭皮環境を整えるためにはとてもよいもので、シャンプーも、自分の頭皮に合ったものを使えば脱毛症を十分に予防できます。
ただやはり、すでに進行してしまったAGAを治すためには向かないので、これ以上の進行を阻止したい、あるいは軽度のうちにしっかり治してしまいたいといった場合には、病院を受診しましょう。専門的な知識をもった医師に相談することで、的確な治療を提案してくれます。

AGA治療を始めるタイミングは、できるだけ早いほうがよいといえます。というのも、ずっと健康な髪だとしても年齢とともに抜け毛は増えていくのですが、AGAを発症しているとそのスピードは段違いで、差がどんどん開いていってしまうのです。かなり進行したあとだと症状を止めるのにも一苦労ですが、早めにAGA治療を開始することができれば、育毛だけではなく発毛にまで結びつけることも十分に可能です。

最新の記事