お薬で治療

最近額が気になる

多くの男性が現在悩まされている、あるいは今後も多くの男性が悩まされることになるであろう、AGA。男性型脱毛症は男性の体に多く分泌されているホルモン「テストステロン」が原因だとされており、ある意味、避けることはできないと言えるかもしれません。また、遺伝もかなり強い原因だと考えられており、父親や祖父など親族にAGAの人がいると自身もAGAにかかる確率が高くなります。
しかし、AGA治療は正しく行うことで十分可能です。諦めずに、まずはその治し方をしっかり把握するようにしましょう。

AGAは、こめかみ付近から進行したり、頭頂から進行したり、あるいは生え際の中央から進行したりと、人によって抜け方が変わってきます。その進行は基本的にゆっくりですが、お風呂に入っている際の抜け毛の量から「もしかして」と推察することができます。生え際をチェックしておくと、少しずつ薄くなっていくことが分かりますので、周りから目に見えて「あ、薄い」と思われるようになる前にAGA治療を開始しましょう。

AGA治療は、市販の育毛剤を使用することによっても行うことができます。市販なので「治療」とは少しいえませんが、ヘアケアとしての役割は十分に果たしてくれます。
しかし、頭皮環境を整えるだけではAGAを根本から治すことはできませんし、経口薬であれば市販薬の効能は低いといえます。
きちんと病院を受診し、自身に合ったお薬を処方してもらうことが大切です。

AGAによる脱毛は、男性ホルモン「テストステロン」により起こるとされています。テストステロンは毛球のなかに入ると、5-αリダクターゼにより「ジヒドロテストステロン」へと変化します。一般的に、DHTと略して呼ばれます。このジヒドロテストステロンが毛球を壊し、髪の毛が成長する前に脱毛させてしまうのです。

AGA治療のお薬は、フィナステリドという成分の効果により、上記のテストステロンがジヒドロテストステロンに変換される際の働きを阻害する作用があります。そうすることでジヒドロテストステロンが増えず、毛球が破壊されることもありません。
AGA治療に使われるお薬にはほかにもありますが、その人の症状などに合わせて、種類や量が調整されます。AGA治療に秀でた医師の判断により処方してもらうことで、より確実なAGA治療が可能となります。

最新の記事